給与計算をアウトソーシングしたい!メリット・デメリットを教えます

給与明細表とお金と電卓企業にとって自社の従業員の給与計算をするのは、本業にフィードバックされて収益を生み出す部門ではないため、コスト要因として認識されることが多いようです。給与の計算は専門的知見が必要不可欠な一方で、定型的で煩雑な作業が多いので自社の人事部門で処理するよりは、アウトソーシングで代行してもらいニーズが高い業務分野と評価して間違いがないようです。もっとも給与計算代行は委託先をどのアウトソーシング会社にするのか、どの程度まで外部委託するのか検討するべき課題は色々あります。そこで給与計算を代行することのメリットとデメリットを検討してみましょう。

そもそも従業員社員の給与計算に注目が集まるようになったのは日本では、バブル崩壊後の1990年代後半になってからのことで、ちょうど経済のグローバル化に伴うコスト競争が激化してきたころに重なります。2000年代に入ると規模の大小に関係なく、本業に経営資源を集中倒壊する一方で、人事関係の付随業務を外部委託するという跳梁が明確になりました。それでは社員の給与の計算をアウトソーシング出来る業務には、具体的にどのようなものがあるのか。まず毎月の給料の計算に必要な、社員の入退社や異動などのほか、残業代計算や各種保険料の計算などがあります。これに公租公課の振り込みや年末調整の書類作成に、定期的な住民税に関連する事務手続きなどがあります。

給与計算をアウトソーシングすることによるメリットについてですが、まず給与計算担当者に支払うコストの削減を挙げることが出来ます。担当者にかかるコストには、専門知識を有するスタッフの人件費のほか、教育のためのコストも含みます。また税金や社会保障関連法規の頻繁な法改正に、こまめに対応する手間から解放されることもアウトソーシングによるメリットのひとつと評価することが出来るでしょう。そして給与計算業務は季節的に必要人員が大きく変動しますが、この面での人員確保に余計な資源を投下するコストを回避できます。

他方で給与の計算をアウトソーシングすることにはデメリットも。まず外部業者に委託するにしても、勤怠管理や従業員の入退社に伴う事務手続きなどは、社内で処理するのが適当な現実があります。外部に委託することで給与計算に関する専門ノウハウが一切蓄積されないのも、デメリットと言うことが出来るでしょう。
給与計算をアウトソーシングするには、メリットとデメリットをふまえて導入の可否を判断する必要があります。

おすすめ記事