担当者の評価も上がる?導入したいおすすめの福利厚生を紹介

少子高齢化と背中を合わせるかのように進行しているのが、生産人口の減少です。15歳から64歳までの従来から企業において主要な人材のコア層を占める人口は減少トレンドが定着し、どの業界でも慢性的な人材難や人不足に直面しています。給料や労働時間などの待遇改善のために投入できるコストには限りがあるので、福利厚生を充実させることで求職者数の増加をめざしたり、従業員の定着率を高めるための努力に取り組む企業も増えるようになりました。そこで福利厚生を充実させることのメリットと、おすすめの成功事例などを取り上げて紹介してみましょう。

福利厚生とは雇用主が労働者に提供する給料以外の、報酬やサービスの総称です。従業員だけでなくその家族の生活の改善を目的にし、あえて働きやすい環境を整備することで労働者のモチベーション維持や能力発揮なども目的に採用されています。福利厚生自体は企業が経済活動に登場した当初から、導入が試みられたもので古い歴史を有しています。高度経済成長期以降は社宅や社食の充実や、保養施設の建設などが盛んでしたが、コスト高が意識され一時期は関心が低くなっていました。しかし最近では労働者の定着率の向上や、働き方改革の影響などで、新たな福利厚生のあり方が登場するようになっています。

最近注目を集めている福利厚生のトレンドは、大規模な施設から小規模な施設への転換や、集団から個人のニーズを満たすものというように従来のあり方とは違いが見られます。おすすめの人気の高い福利厚生の一つは、社食の導入です。とはいっても、従来のように調理施設もスタッフもまるごと自社が丸抱えするわけではなく、社食専門の業者と委託契約して、朝食時になると廉価なメニューの食事を提供するというもの。食事メニューの調理やサービスなどは別会社にアウトソーシングして、コストを最小限に止めながら食事の提供を可能にしています。

もう一つおすすめの福利厚生は、働き方改革と関連して副業の許容やスキルや専門性の高い資格取得や知識習得のためのセミナーや書籍購入費を補助するというものです。副業に対しては従来は否定的な企業が大半でしたが、労働者のモチベーションを維持したり給料以外の別の収入の手段の模索を認めることでより創造性のある主体的な人材を確保することが可能になるなど、企業にとっても有益な側面があることに注目があつまり、副業やスキルアップ補助などを提供する企業が増えているようです。

おすすめ記事