人材管理システムを導入するとどんなメリットがある?

人材管理を行う人たち本来の業務を効率的かつ戦略的に展開するには、人材管理を一元的に行いダイナミズムあふれる人材配置やスタッフの機動的投入などの必要性が高くなっています。ところが従来は人事に関する決定は必ずしも戦略的に合理的判断のもとに進められるとは限らず、ある意味ブラックボックスの側面を多く抱えていました。

しかし今後の労働人口の減少による慢性的な人材難や、国際的な競争環境にさらされる状況を踏まえると、人事管理の問題を見える化し限られた人的資源を効率的に活用することが可能になります。こういった人材管理に対するニーズの激変を受けて登場したのが、人材管理システムです。今後も普及が進むと予想される人材管理システムの特徴やメリットを検討してみましょう。

会社の規模や携帯により異なるものの、人事部門は同時に労務管理や総務部門も兼任していることが多いので、取り扱うべきデータは多彩で膨大な量に及びます。年次・月次・日次に分けてもそれぞれに直面するべきイベントがひしめいています。年次では求人や面接などの求人活動、人事異動や社会保険についての算定基礎や年末調整など多岐にわたります。毎月のように月次レベルでは、給与計算や勤怠管理などルーティンワークでありながら無視できない過大なタスクに常に直面していると評価できます。

このような性質のタスクは、オペレーション人事と呼ばれるものですが、近年ではこれに戦略人事という新たな役割が付加されています。

これらのタスクを効率的に処理することを可能にするのが、人材管理システムになります。人材管理システムを導入することによるメリットは、次の三点に集約できます。まず人事管理部門の業務を効率化し、最終的には生産性向上につながります。従来は紙ベースやエクセルで分断管理されてきた情報を一元管理し、戦略的経営判断を可能にするわけです。また透明性や公平性に疑問が付きやすい人事評価透明性を高め、可視化したうえで評価をするので従業員の意欲も向上することが期待できます。そして従業員各員の適性や職歴・資格などの人材データを一括管理することで、躍動性と柔軟性をもった人事施策の実現に寄与することも期待できます。

しかし人材仮システムを導入しても、絵に描いた餅にならないように導入する目的を明確化することがポイントです。また初期費用や定期的に必要になるコストなど、人材管理システムの導入に際してはコスト面も大切なファクターです。

おすすめ記事