クラウド型の勤怠管理とは?「PSHIFT」を例に解説します!

クラウド型の勤怠管理について解説する男性従業員の日々の勤怠管理は労働時間を客観的に正しく把握し、適正な労働時間での労働と賃金コストを把握するために必須な事務のひとつです。
従来はこのニーズに対応するべく、エクセルなどが活用されてきましたが雇用形態が多様化し、就業のありかたも社員各自により違いが目立つようになると、他愛のないカードの打刻から、残業時間の客観的把握・エクセルへのデータ入力などが、それぞれの担当者に個別担当されることの弊害が目立つようになりました。
クラウド型の勤怠管理システムは、タイムカードの打刻やエクセルによる労働時間の個別入力などの手間を省力化することを可能にします。
そこでクラウド型の勤怠管理システムのなかでも高い人気を集める、PSHIFTを事例にとって特徴やメリットなどを御紹介します。
PSHIFT勤怠管理システムとは、タブレット型タイムレコーダーにICカードをかざすだけで出金と退勤の時刻を把握し、労働時間の自動集計を行うシステムのことです。

タイムカードの打刻情報のログは、クラウドで保存されるので社外でもマイページからいつでもアクセスすることで確認することができ、打刻ミスの訂正や労働時間の正しい管理を簡単に実践できます。
このシステムを導入することで、従来必要な作業だったタイムカードの調整や労働時間の入六などの作業をするまでもなくデータを自動集計することにつながります。

打刻情報はPSHIFTのクラウド上のサーバーに保存されるので端末がありさえすれば、どこからでもマイページにログインすることができ、打刻ミスやデータの訂正などの作業もリアルタイムで簡単に実践出来ます。
自動集計されたデータは、それぞれの会社ごとにカスタマイズされたCSVデータとしてダウンロードできます。
CSVデータをそれぞれが御利用になっている給料計算ソフトにインポートして作業を効率化します。

使い方もシンプルで、事前に従業員とICカードのヒモ付けをおこなうだけです。
ひとたび登録するとカードは継続使用することができます。
これまでのように毎月のように作成が必要だったタイムカードの作成の必要からは解放されます。
ICカードの打刻方法も簡単で、タイムレコーダー画面に表示される出勤・退勤ボタンを押すだけです。
打刻方法もICカード意外にもPCやスマートフォンや携帯電話なども可能なので、PSHIFTなら勤務スタイルの違いに応じて公正で適正な勤怠管理を実現してくれます。

おすすめ記事