人事お助けマン~HRテックガイド~

情報通信技術やAIの登場などによって、従来からある産業やサービスに最新の科学技術を導入する動きが活発になっています。金融と先端工学を組み合わせせたフィンテックなどは、近未来の金融を規定するものとして注目を集めています。HRテックもこの動向と同一の流れに中に規定することができます。

ここにHRテックとは、人材採用や教育・人事評価や人材配置などに、クラウドやAI(人工知能)・ビッグデータ解析などを組み合わせ企業の人事などにおいて効率化と人材の育成などに活用しようというものです。HRテックとは人材採用にはじまり、給与計算や人材の能力向上や各従業員のデータを一元的に把握して昇進などに活用するなど幅広い領域をカバーする新たな技術といえます。

人事に関連する業務は多岐にわたりますが、人間の経験やカンに頼るだけでは公正でモチベーションを保つ人事を実践するのは容易なことではありません。このような問題意識を背景にアメリカなどの欧米諸国では従来より人事業務の効率化をはかるツールの類は開発され普及が進んでいました。HRテックの分野は当初は生産管理や財務経理などの場面での使用を想定していました。その後の技術革新のおかげでモノだけでなく、ヒトを対象にする人事業務分野においても活用されるようになってきた背景を持っています。とりわけここ数年のHRテックの進展は目覚しいものがあり日本でも導入する企業が増化してきました。特に日本国内ではSmartHRのように、2000社を超える導入実績をもつ自動化ツールも登場していることで注目を集めています。

AIHRテックの導入が急激に進んだ理由の一つには、人材育成など今後のそれぞれの将来を担う人材の確保に、HRテックの有用性に注目が集まっていることを挙げることができます。また政府が音頭をとって進める働き方改革との関連性も見逃すことができません。15歳から64歳までの生産人口は今後も減少が継続し、労働力確保による経済の活性化は日本が直面する最大の課題です。少ないスタッフが効率的かつ、ここの従業員のモチベーションを高め企業定着率を向上するには、人材育成がひとつの鍵胃になります。HRテックはAIやビッグデータなど活用し、公正で効率的な人材育成を可能にし、激しい競争のなかで生き残るための必要な人材確保のために高いポテンシャルを提供します。日本においてもHRテックを各社が積極的に導入する理由ここにあります。